top of page
logo.png
logo.png

菅野牧園について

2014年11月、北海道栗山町のみはらしの良い場所で、菅野牧園は19頭の黒毛和牛の母牛とともに牧場をリスタートしました。生まれた子牛を9か月ほど育て、肥育農家さんに買ってもらう、繁殖農家です。

 

2011年3月11日の東日本大震災による原発事故により、故郷の福島県飯舘村は全村避難となり、全ての牛を手放しました。 飯舘村でやっていた、放牧を中心とした地域循環型牧畜と、黒毛和牛経産牛肉のおいしさを伝えることを再開したいと、この地に農場を開きました。

牛たちを通して命とふれあい、いただく体験、四季折々の農村風景や広い空を流れる雲を眺めて、ゆっくりと過ごしていただきたい、そんな思いで牛を飼い、ファームレストランを開いています。

bottom of page